<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

富久町の家(その2)

(前回に続き、神奈川大学「工学部報告」に掲載された「富久町の家」解説の後半です。)
e0105010_20263832.jpg

4.構造補強
耐震補強は、本物件のような古い木造住宅の重要な課題のひとつであるが、現行基準をクリアする水準の耐震性を望むならば、早い話、建替えが最も有効かつ経済的な方法である。しかし今回のようなケースではそれは望めないため、現実的なレベルで可能な限り耐震性を高めることを目標とした。本物件の主要構造体は、間口3間、奥行3.5間の在来工法の木軸架構である。間口方向の壁には開口部も多く、また壁の多くは古い木造住宅によくみられる土壁であった。こうした架構の耐震補強について、構造設計者の助言を仰ぎつつ、現況調査と壁量計算を行ったうえで、以下のような補強をセルフビルドで実施した。
e0105010_20272225.jpg
・木軸の接合補強・・・土台、柱、梁の接合部分の多くは、仕口の枘(ほぞ)が差し込まれただけの状態で、地震時などの揺れによって抜け落ちる恐れがあることから、可能な限りステンレス製金物によって接合部の補強を行った。
・耐震壁の追加・・・壁は、後年改修された、奥行方向の壁筋交いのある一部の壁を除き、多くは古い土壁の真壁で、耐震壁量もいずれの方向も不十分であったので、とくに1階の外壁角部まわりを中心に、できるだけ多く構造用合板を打ち付ける補強を行った。合板が張れない箇所には、ステンレス製の耐震ブレースを設置した。
・水平剛性の補強・・・2階床畳下の地板は、薄くて短い板の継張りで火打梁もなかったため、水平剛性を確保する必要があった。通常は構造用合板を張ることが多いが、今回は透過性のあるスノコ床を採用したため、その下にステンレス製の水平ブレースを設置し、水平剛性を高めた。
なお、床下に入ってみたところ、現在の構法であればアンカーボルト等で基礎と緊結されるべき木土台は基礎の上に載っているだけのようであった。本来であれば、基礎の状態を確認、補強したうえで木土台とも緊結すべきところであるが、相当大がかりな工事となるため、土台と柱の緊結に重点を置き、木軸架構全体の強度を高めることを優先した。

5.セルフビルド・リノベーション
今回の施工にあたっては、専門業者や職人への委託を極力減らし、研究室の学生(=素人)によるセルフビルドで実施した(写真)。その理由は、学生の教育効果や低予算などの条件ももちろんあるが、そのことよりも、そもそもリノベーションという行為が、従来の建築工事形態になじまないという点が大きい。一般的なリノベーション工事は、新築や建替え工事同様、まず設計図を作成し、その後請負った施工会社が、解体から施工まで一括して行う場合が多い。その方が施工期間も短く経済的だからである。しかしリノベーションは、更地に建てる新築や建替えとは異なり、構法や履歴など多種多様な既存建物自体が計画の前提となる。つまり建物のどの部分を残し、どの部分を変えるのかを考えることからデザインが始まるので、まずは既存建物の目に見える表面的な部分だけでなく、仕上げの背後にある下地や構造部材などの状態まで把握することが重要である。とはいえ構造が見たいからといって、安易に仕上げを撤去するわけにもいかない。なぜなら仕上げも重要な既存建物の部分であり、壊してしまうと復元できないからである。壊す前に、その部材を残さなくてよいのか注意深く検討しなければならない。こうしたことは、今回の物件のように、すでに何度も改修されてきた建物の良さを見出し、それを活かした細かなデザインを行う場合には、なおさら重要となる。少しずつ不要なものを判断しながら取り除き、そのなかから残す価値のあるものを発見し、そのうえで全体のデザインを考えるのである。こうしたプロセスでは、いわゆる設計、解体、施工といった業務区分がほとんど意味をなさない。壊すことがそのまま創ることにもなり得るからである。今回も、いちおう解体前の実地調査に基づいて設計図は作成したものの、自分たちで解体を始めてみると、次々と新しい発見があり、設計内容はどんどん変わっていき、結局、解体と設計、施工がほぼ同時進行で進められることとなった。そのなかで、当初の計画には含まれていない多くのアイデアが見いだされた。こうしたプロセスは、基本的に新築や建て替えを前提としている従来の建築工事業態とは異なるリノベーション手法の可能性を示唆するものといえる。
e0105010_20275139.jpg

6.おわりに
総務省の「平成20年住宅・土地統計調査」によると、日本の住戸ストックの約半分を占める一戸建て住宅のうち、木造住宅が93%を占めるとされ、今後も木造住宅は主要な住戸ストックであり続けると考えられる。高齢化や耐震性、建替えの困難さ等の問題を背景に、それらのリノベーションは今後より一層重要度を増し、かつその内容も既存建物の状況や施主の要望に応じて多種多様なものとなる。こうした状況を踏まえ、本研究では、耐震補強を行うと同時に、「インナー・オープンスペース」の導入による開放的な内部空間の実現を主とした、既存の住宅地おいてより快適な居住空間を獲得し得るデザイン手法を提案した。また、リノベーションに求められるきめ細やかなデザインを可能にする、設計、解体、施工を一体的に実践するセルフビルド手法を実践した。本研究の成果は、大学の研究室活動の一環として行われたという点も含めて試験的な実践ではあるが、柔軟性が求められる既存住宅リノベーションにおけるひとつの可能性を示すことができた。
(N)
[PR]
by NODESIGNblog | 2015-03-17 20:41

富久町の家(その1)

2013年に実施し、とある財団から賞をいただいた「富久町の家」についての解説が、今年度の神奈川大学「工学部報告」という冊子に、「木造住宅の改修に関する実践的研究」として掲載されている。一般にはあまり接することのない冊子なので、ここにも載せておくことにする。

1.はじめに
日本の大都市部には、現在でも密集木造住宅地が少なからず残されている。そこに建つ古い木造住宅の多くは居住性や耐震性などに問題を抱えているが、敷地条件や居住者の諸事情等により、大規模な改修や建替えが難しい場合も多い。また既存建物それぞれで異なる複雑な状況や、多様な要望への細やかな配慮を必要とするリノベーションでは、設計と解体、施工が分離された従来の建築業態ではうまく対応できないケースも多い。そこで本研究は、既存建物の特色をできる限り活かした、柔軟な住宅リノベーションのあり方について、デザインと実施手法の両面から探るため、現実の木造住宅の改修計画を通して、以下の課題の有効性を検証することを目的としたものである。その課題は主に、1)光と風を取り込む開放的な「インナー・オープンスペース」の導入による、既存建物を活かした内部空間の居住性の向上、2)身の丈に合った現実的な耐震補強方法の実践、3)設計、解体、施工を一体的に実践し得るセルフビルド的手法の実践、の3点である。以下では、対象建物と研究概要に続いて、これらの課題に沿って説明する。

2.対象建物と研究概要
実施対象としたのは、東京都新宿区富久町の密集木造住宅地内に建つ古い木造住宅である。もはや当時の図面や書類は存在しないので建物の履歴等は不明だが、現時点でわかる限りでは、遅くとも昭和38(1963)年には建っていたようであるから、少なくとも築50年以上は経っている。元の建物は間口3間(5.46m)、奥行3.5間(6.37m)、建築面積10.5坪(約35㎡)の平屋だったようだが、その後2階や浴室等が増築され、現在は総2階建て、床面積21坪(約70㎡)の建物となっている(下図)。間取りは、1階に6畳と4.5畳の畳間2室と台所、トイレのほか、浴室があるが脱衣室はなく、隣接する台所の一部をカーテンで仕切るようになっていた。また2階には4.5畳2室と3畳1室の計3室のほかにキッチンと和式トイレがあり、間貸しできるつくりになっている。今回の計画は、この物件をいわゆる「古家付土地」として購入した60才台の夫婦のために、より住みやすいかたちにリフォームすることであった。まず、神奈川大学工学部建築学科中井研究室注の大学院生が中心となって、2013年2月に現地調査および設計案作成を行い、それを踏まえて2013年3月から5月にかけての約3か月間、同研究室大学院生および学部4年生が主体となって現場解体および施工を実施した。なお、浴室、キッチン等水回りの改修、および一部の複雑な造作については専門業者へ依頼した。
e0105010_014443.jpg


3.インナー・オープンスペース
敷地は南東側4m、北西側2mの2面接道であるが、周囲の住宅含めて建ぺい率が高く(既存不適格)、高齢者の主な生活の場となる1階が暗くなりがちなので、2階にふんだんに差し込む日照を1階にまで導けないかと考えた。またご主人の趣味はラン栽培などの鉢植えであり、とくに冬場はそれらを室内に置く場所が必要である。こうした問題を踏まえて方針を検討し、また、基本的に夫婦2人の住まいなので、2階を3つの小部屋に細かく分けておく必要もあまりないと思われたため、2階南側2室の間仕切りと床を撤去し、吹抜けとして1階へ採光することを考えた。しかし単なる吹抜けにすると床面積が減りすぎ、また1階の天井も高くなりすぎると感じたため、30×60mmの角材を25mmのスリットを空けて並べたスノコ床とし、1階へと自然光を導きつつ、普段は物干し場、冬場に鉢植え置場にもなるサンルームのような、光と風を取り込む開放的な半屋外的な空間=「インナー・オープンスペース」とすることを考えた。2階の元の部屋は押縁天井など和風の仕上げだったが、光を溜め込み反射させるため、壁も天井も白く塗り込めた(下写真)。スノコはバルコニーまで連続し、屋外まで連続するデッキのような広がりを持たせた。また、薄暗かった1階北側のキッチンまで日光が届くように一部分は吹抜けとしたが、既存の根太は残し、将来スノコ床を張り延ばすことも可能とした。インナー・オープンスペースは、3方向に窓のある、広くて明るく風通しのよい空間で、スノコの床には縁台のような開放感がある。2階北側の薄暗かった納戸のような部屋にも南側からの光が届く。
e0105010_0143745.jpg

1階の畳間は、2階の白い空間とは対照的に、木軸架構の色合いを活かした木質系の仕上げとした(下写真)。1階南側の畳間には、天井のスノコのスリットから柔らかな自然光が降り注ぐ。北側のキッチンにもインナー・オープンスペースを介して日照が得られ、南側2階を見上げると窓から空が望める。また1階全体の見通しがきくように、中央の押入れを撤去しピアノ置き場とした。そのほか施主の要望に沿って、台所の一角に脱衣室を新設し、浴室床をかさ上げして居室床との約30cmの段差を解消、さらにキッチンの改修などを行った。以上のように、2階にインナー・オープンスペースを導入し、既存建物の木軸架構を活かすことにより、主な生活の場である1階にも自然光を導き、住空間全体がつながった、快適な居住空間が実現できた。
e0105010_015638.jpg
(つづく)(N)
[PR]
by NODESIGNblog | 2015-03-08 00:37

横浜建築祭シンポジウム、鳳ビル

e0105010_1555238.jpg28日に横浜の情文ホールで、防火帯建築についてのシンポジウムが行われた。パネラーは横浜国大の藤岡泰寛さん、写真家の森日出夫さん、作家の山崎洋子さん、司会は建築家の笠井三義さん。藤岡先生の明快な解説はいうまでもなく、建築が専門ではない方たちのお話も面白かったが、同時に長年横浜にいる方たちにも防火帯建築のことがほとんど知られていないことを実感した。だがそれは逆にいえば、それだけ防火帯建築が横浜の日常的な風景=横浜らしい風景そのものだからとも言えるのではないだろうかと感じた。

そのレクチャーのあと、神奈川新聞の三木さんから、馬車道の鳳ビルが取り壊されることになったと聞いた。鳳ビルは助成公社リストにもない民間ビルであまり情報がないが、アーバンデザイン研究体の林さんにうかがったところでは、1959年登記、延床面積1,240㎡ということぐらいが知られるのみで、設計者や概要は不明である。写真を撮って詳しく見るなら今日しかないと思い、午後さっそく見に行った。外観は、一見ただの薄汚れた何の変哲もないビルだが、じっくり見るとなかなかユニークなビルで、結構興奮した。

e0105010_15564063.jpg
まず正面外壁をよくみると、1階と2階以上で、柱らしきものの位置が全部ずれている。コーナーではガラス窓が回り込んでいる。側道の入口上にはバルコニーが派手なキャンチ梁で飛び出しているなど、構造がどうなっているのかよくわからない。中に入って調べるみると、内部はよくある店舗付住宅ではなく、1階が店舗で2階以上がアパートになっている。各階7室で合計21室。一室は約30㎡と思われる。角部屋の玄関ドアに覗き窓があったので中をのぞいてみると、建物の角の部分はきれいなコーナー窓になっていて柱が無い。外観ではてっきりガラスの背後に柱があるのだろうと思っていたのでちょっと驚いた。このことと、入口上のバルコニーのキャンチ梁が外壁から少しセットバックしていることを重ね合わせて推測すると、どうやら主要構造は正面および側面のファサードから内側に、1間(1.8m)程度セットバックしたラインにあり、そこから外壁までの床は、いわばキャンチレバーで張り出しているらしい。つまりファサードに見えた柱らしきものは主要構造ではなく、ただの壁かぜいぜい張り出し分の荷重を受けているだけと思われる。もしこの推測通りとすれば、なかなかアクロバティックな構造である。
e0105010_1557250.jpg
L字型の建物の背後には中庭があり、そこには2階建ての別棟が建っている。最近学会に出した横浜防火帯建築の空所に関する論文では、鳳ビルは資料に含まれていなかったが、典型的な「閉鎖・孤立型」の空所である。ただし、背後隣地に建っていたスルガビルが取り壊されて空地になったので、いまは裏の幹線道路からもよくみえる状態になっている(すぐにまたビルが建つが)。

横浜建築祭の夜のシンポジウムは、横浜都心部の未来についてであった。鳳ビル取壊しも残念だが、隣にあったスルガビルは、実は菊竹事務所の設計である(1966年竣工)。それだけでなく、旧三井物産株式会社横浜支店倉庫、横浜市庁舎などといった歴史的な名建築ですら取り壊されようとしている。みなとみらいの開発なども含めて、行政側の街づくりへの無関心は絶望的とも感じるが、今回のシンポジウムが、少しでもそうした状況を変えていく小さなきっかけになればいいと感じた。e0105010_15571847.jpg

帰りに馬車道コンコースを通りがかったら、展示していた閲覧用のBAが全種類持ち去られて、なくなっていた。困ったものだが、持ち去りたいと思う人もいる出来栄えでよかったと考えることにした。お渡しした関係者のみなさんにも総じて評判がよい。鳳ビルもちゃんと記録しておきたいと感じた。
[PR]
by NODESIGNblog | 2015-03-01 16:00