<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

隈研吾(と、少し藤森照信)(続・エコノミック・コレクトネス論) その2

e0105010_0265454.jpg
「軽い」,「弱い」,「乾いた」など、建築家は様々な言葉でよくイメージを語るが、実はその内容はあまり重要ではない。重要なのは、むしろそういう比喩が、建築の物質性や形式性の革新のためのものなのか,あるいはあくまでも建築の意味を問うためのものなのかによって、建築家の思考も作品の様相が大きく異なってくることではないだろうか。後者の「意味」を問う人たちは、往々にして「建築らしい形式」をある程度ひきうけつつ意味を変えようとする。それがなくなると、建築がファッションになったり、根無し草になってしまうことを警戒するからだ。一方、物質や形式の革新へ向かう人たちは,そういう「建築らしい形式」を超えること(いわゆる近代の枠組みとされる)こそが新たな(現代の)建築へ繋がると考えている。実はその背景には、時代精神的なものを仮定し,それに対応する表現を目指す発想が潜んでいるように思える。

隈さんの「消す」という表現が物語る独特な性格は、認識としては上記の両方を理解しつつも、方法としてはどちらのスタンスも選ばない、ある意味でニヒルな姿勢である。別の言い方をすれば、隈さんしてみれば、どちらも空間の枠組み(架構や平面)の形式にこだわる時点で同じ穴の狢であり、そこにこだわることに関心がないか、そんなことは近代の方法論を運用すればよい、とでも言いたげなのである(このあたり、余談だが藤森照信のスタンスも実はよく似ている、あるいは藤森さんは、より輪をかけてニヒルともいえる)。しかしそうしたニヒルさの一方で、徹底して建物の「見えがかり」、もう少し正確には,建築と周囲との「見えがかり」には、とことんこだわる。その見えがかりのゴールイメージが「建築を消す」ことであり、そのために、建築の物質的な問題も意味の問題も、なんでもあり式に駆使されるのではなかろうか。

もうひとつ、隈研吾という建築家としての存在の興味深い点は、その驚くべき文脈力である。住宅,都市,歴史,社会,経済,政治,和風,サイバー,エコロジー,職人芸,海外など,どんな話題のときにも,ふとみると隈さんがいる。現代社会の様相に対するどこまでも貪欲な接触は,上で書いた現代の「時代精神」をつきとめようとする欲求かもしれない。独特なのは、普通そういう欲求を共有している建築家の多くは、つい近代建築を乗り越えるなどと言いはじめ、そのとたんに構造とか平面とかといった「近代建築的」概念と葛藤し始めるわけだが、残念ながら世の中の人々の多くは、そのようなことにはほとんど関心はない。そこが大衆と専門家の断絶の根ともいえ、そこに終始しても建築が閉じこもるだけであり、実はこの構図こそ既に近代建築やポストモダン建築が陥った事態ではなかったか?と、隈さん自身が考えたかどうか知らないが、はもはやそんな枠組みはすっとばして,一直線にモノ自体の「見えがかり」へと接続するのである(こうしたスタンスも、現れ方は大きく違えども,やはり藤森照信とかなり近いことに改めて気づかされる)。
e0105010_0234489.jpg

このようにして隈さんは、現代社会で話題とされる様々な文脈と接続しつつ、形式ばった構造もプランの問題もすっ飛ばして、建築の「見えがかり」に直結する。それは、スキャンダルとヴィジュアルにダイレクトに訴え、そのわかりやすさはまさに現代的である。ある意味では、これまでの建築家たちの、どのようなエゴイスティックな表現からも距離を置いている、ように見える。しかし、少し結論を先取りして書くならば、隈さんや藤森さんのそういうスタンスも、結局のところ、現代の時代精神を仮定しつつ、建築の形式性そのものを否定する時点で、かえって狭い世界に囚われているようにも思えなくもない、のは僕だけだろうか?(これについてはまた次回)。(つづく)(上写真=森舞台/宮城県登米町伝統芸能伝承館:uratti.web.fc2.comより、下写真=タンポポハウス:tampopo-house.iis.u-tokyo.ac.jpより)(N)
[PR]
by nodesignblog | 2009-06-15 00:00

鳥の劇場09 年度プログラム<いっしょにやるプログラム>

e0105010_20253040.jpg

鳥取で、ワークショップをやります。

鳥取を拠点に活動する劇団「鳥の劇場」のプログラムの一貫で、T*O(タカマスヨシコ+おくやめぐみ)の
おふたりと、私が参加します。

「空間についてのワークショップ」と、なんとも広大な解釈のできるお題をいただきました。
いろいろ調べてみると、美術館や学校などいろいろなところでワークショップが行われているんですね。
建築、演劇、工芸など。建築関連だと、まちづくりや、建物のつくりを理解するもの、広場をつくるなどさまざま。

悩みましたが、いつもやっていることをやろうと(いつもと違うことをやるのは難しい)。
今までの物件を例に、「みてみる」「かいてみる」「つくってみる」の3ステップで、事例を紹介したり、
実際にスケッチや模型でどうやって設計するのかちょっと体験するようなことを考えています。

設計の楽しみ(悩み)、共感してもらえるかなあ(笑)。

*************
鳥の劇場09 年度プログラム<いっしょにやるプログラム>
舞台芸術の講座9 建築家に空間のことを教えてもらう
場所:鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町)

7 月25 日( 土)13:00~15:30 実物大・立体着せ替えハウスワークショップ
講師:T*O(タカマスヨシコ+おくやめぐみ) 、対象:小学3 年生~大人

7 月26 日( 日)13:00~16:00 いっしょにやるケンチク問題集 キョリ・スケール体験ワークショップ
講師:小倉亮子(NODESIGN)、対象:中学生~大人

(パンフレットより)
演劇以外の分野のアーチストによるワークショップを初めて開催します。今回のテーマは「建築」です。
二人の建築家に、建築の仕事のおもしろさを紹介してもらったり、どんなことを考えながら仕事を進めるのかを教えてもらいます。
子供から大人まで楽しめる内容です。夏休みの週末、建築を通じて創造の喜びやたいへんさを体験してみてください。

*************

「立体着せ替えハウス」にはそのネーミングと楽しげな雰囲気で、前々から気になっていて・・・。
こんなにダイレクトに触れる機会があるとは嬉しいです(見学する気満々)。

私は26日(日)です。
お近くの方はぜひお越しください。

(O)
[PR]
by nodesignblog | 2009-06-10 20:16 | お知らせ

隈研吾 (続・エコノミック・コレクトネス論) その1

e0105010_245690.jpg
もう去年のことだが浅草のコンペ以降、その結果について周囲の建築家の方たちの感想を伺う機会が多かった。我々の案は、僕が尊敬する諸先輩方にはおおむね好評でうれしかったのだが、最後はやはりどうしても一等の隈研吾さんの案の話になる(その内容については、惨敗した者としてはあえて触れない)。いずれにしても、浅草コンペに限らず、隈研吾さんの名前は、最近の雑誌などで名前を見ない月はないくらいだが、やや話題性が先行していて、その作品や思想についてはあまり論じられたことはないように思う(隈さんに限ったことでもないけど)。なので、ちょっと僕なりに書き留めておきたくなった。

個人的には、もう十年以上前になるが、建築文化という雑誌(現在休刊)の懸賞論文で、僕の拙文を一等の下出賞に選んで下さったのが他ならぬ隈研吾さんだった。それは「東京定住女子校生ハードコアとエコノミック・コレクトネス」という小論で、商業資本主義化した現代社会でのたくましい生き方を,女子校生(女子高生ではない)をモデルに「エコノミック・コレクトネス」と名づけて論じたものだ。それは当時流布されていた政治的正当性=「ポリティカル・コレクトネス」に対して、より経済的、流通的、大衆的な意味での形式的なあり方を突き詰めることこそが生き抜く力になることを仮説にしていた。それはよくも悪くも、現在まさにリアルな論となっていると思うのだが、今思えば、隈さんの建築家としてのあり方は、ある意味では「エコノミック・コレクトネス」のひとつのモデルともいえる気がしている(これについては後で述べる)。またちょうどその頃,東工大の非常勤講師にも来ていただいて,大学院生だった僕はたまたまチューターでご一緒させていただいた。覇気のない学生たちに向かって「そんなんじゃ誰も設計なんてさせてくれないって!」といって憤慨していた姿は忘れられない。

当時隈さんは,亀老山展望台(1994、上画像:www1.linkclub.or.jp/~ida-10/ehime1.htmlより),水/ガラス(1995),森舞台/宮城県登米町伝統芸能伝承館(1996,97年建築学会賞)などを発表した頃で,地形化や、ガラスや水を使った表現が目立ってきていた。今の学生世代はあまり知らないかもしれないが,それ以前の隈建築といえば,ドーリックやM2(ともに1991)など,歴史的なヴォキャブラリを多用したポストモダン調の作風で知られていたから,その転向ぶりは良くも悪くも話題になった。しかしそんなことにはお構いなく,その後も隈建築は,馬頭町広重美術館(2000,村野藤吾賞)にみられるような,様々な素材を活かしたルーバーを多用するスタイルへとさらに変わっていった。このような華麗な変幻ぶりは,ときとして気まぐれな転向だとか、信念のない単なるご都合主義だという批判を浴びてきたが、果たしてそうなのだろうか。

当時授業のレクチャーで隈さんは,自作の写真を見せながら,「「建築」を消したい」としきりに話していた.亀老山展望台なんて、山の頂上に半分埋めて盛土までして文字通り建築のヴォリュームを消した大胆なものであった。一見「消す」とは無関係に見える初期のポストモダン調のデザインでも、たしか当時ご本人も説明していたように、バブル都市の混沌とした様相のなかで、わざとキッチュにしたり図像を断片化させることで建築を消す試みともいえる(都市の認識が80年代的だったのはやむを得ない)。しかし、普通の建物は内部空間が必要で,当然ヴォリュームが発生するから,それをどう処理するかが問題となる。そういうときには、ひとつには、表層を細分化するという、消去に替わる微分化ともいうべき方法がある。近年のルーバーは,ヴォリュームを「面」へ,「面」を「線」へ,そして「点」へとどんどん微分してしまうことで消す試みであるようだ(彼の言葉でいえば,建築は「砕かれ」「溶かされ」あらゆる事象に対して「負ける」ことで消えるのであろう)。もうひとつ、建築を「意味として消す」という方法があり得る。その典型的な方法のひとつは、類型化した形象=たとえば屋根形や家形=を用いて、周囲と馴染ませ同化させることである。浅草コンペでの屋根型は、こうした方向での「消す」の例ともいえる(イコンとしての家型は最近流行しているところもあるが)。このように、どんなに見た目のスタイルが変わっても,僕には,この「建築を消す」ことこそ,隈建築に通底する本質的な欲求としてあるように思える.その思いは気まぐれどころか,かなり一貫していると思うし,時代ごとにあの手この手で,重たくてどっしりした建築を消すための努力を根気よく続けられているというべきであろう。(・・・・本題はこのあとですが、すでにかなり長くなったので、今回はこの辺で。・・・つづく)(N)
[PR]
by nodesignblog | 2009-06-01 02:47