<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

N的建築ガイド(敬称略)(2) 福岡vol.2 「北九州三部作」磯崎新

住宅であれ大きな公共建築であれ,建築を訪れたときに,それが成り立っている切実さや欲求がわかるような「リアリティ」を感じられるかどうかが,とても重要な気がする。とくに大きな建築は,とかくスケールや構造などによるフィクショナルな表現が先に立つことが多いので,余計に「リアリティ」が重要になる。先の「ぐりんぐりん」には,そのリアリティを今ひとつ感じきれなかったのが,不満だったのである。
で,その「ぐりんぐりん」に引き続き福岡建築ガイドの第2弾は,磯崎新の北九州三部作である。三部作とは磯崎新が70年代にたてつづけに建てた,「北九州市立美術館」(1974,下の写真(斉藤君撮影)左),「北九州市立中央図書館」(1974,中央),「西日本総合展示場」(1977,右)の3つを指す。
e0105010_125811.jpg

余談だが,驚くべきは,美術館の設計開始(72年)からわずか6年間でこれだけの規模の,しかもいずれも完成度の高い建物を3つも設計し完成させたということである。しかも当時磯崎はまだ40代前半で,かつ美術館の設計は群馬県立近代美術館と同時進行だった!というのは,にわかには信じがたい。たしか当時の雑誌に石井和紘が書いていたが,まさに「磯崎新の大噴火」の感がある(思えば「手法」とか「マニエラ」という言い方も,そんな大忙しな建築家だからこそ,経済的に設計を進めるうえでも重要だったのかもしれない)。僕自身は,実はこれらを訪れるのは2度目なのだが,感想を先に書くと,いずれもとても興味深く意味深い建築群だった。竣工後30年を経た今でも,その存在感には生々しいリアリティを感じることができた。

ここでは,3つのなかで,いちばん評価されにくいと思われる,「北九州市立美術館」について紹介したい。,「北九州市立美術館」は,丘のてっぺん,シンメトリー,キャンティレバー,大階段といった,これ以上ないというくらいのステロタイプ的な「神殿」風のザ・建築である。一緒に行ったある建築家は「北九州市民を馬鹿にしている」といったくらいに,確かに全体的にスケールアウトで大味な印象は否めないし(忙しすぎたのか?),現在の社会潮流から見ると明らかに環境破壊な感じだし,美術館としての動線も正直どうかと思う部分もある。しかし,あの外観の強烈なシンボリズムには,当時の沈滞していた北九州市の状況と,それを打破せんとする市長や建築家の気合が露骨に表出している。そして,建築に託されたヒロイズムを正面から引き受け,北九州という工業都市特有の風景を取り込みつつどのように表現するのかという点について,磯崎自身が真剣に受け止めているさま,必死さが伝わってきた。一見,建築家の勝手な思いだけでつくられたモニュメントのように見えるが,実は当時の状況や当事者の思いが強烈に刻まれた,実際的なオブジェクトとなっているのである。むしろ,先のぐりんぐりんの方が,見た目の優しさや楽しさに比して,存在としては,とても身勝手なもののように思えたぐらいだ。

ところで磯崎新といえば,「建築の解体」という言葉の印象が強く,後続の建築家たちからは,その後の何でもありの風潮を正当化した張本人だと思われているふしがあるが,僕がみるところ,これはとんでもない誤解で,建築の歴史や文化に対して,その追随者のだれよりも敬意を払っていて,「大文字の建築」で転向したとも言われたが,これも浅はかな理解であり,彼は徹頭徹尾,古典主義者であり原理主義者である。「建築の解体」にしても,歴史や文化の奥底に潜む建築的,空間的な原理へと遡行するという意味に捉えたほうが正しいと思う。

「北九州市立美術館」について,磯崎は,クレンツェのヴァルハラ(右写真:Regensburg市HPより)やウィーンのシェーンブルンなどを参照したといっている。e0105010_1282964.jpg神殿と王宮である。そういう過去の建築を参照することは,単なる歴史主義と考えるべきではなく,建築に託される期待や思い,社会的な問題などの切実さを,建物や空間の「リアリティ」として表現するうえで,人々がなんとなく感じているタイプ・イメージへと繋いでいくための視点だと考えるべきだと思う。それは,なんでもありの世界ではまったくないどころか,ヴェンチューリやアレギザンダーなどの思想とも通じる,良質なコンテクスチュアリズムともよべる視点である。それは「北九州市立中央図書館」でも,「西日本総合展示場」でも,強烈に感じることができる。とくに「西日本総合展示場」は,あまり建築っぽくない点で,一見磯崎らしくない建物でありながら,コンテクストから建物のイメージへと一気に跳躍する磯崎の底力を感じた。そして「北九州市立中央図書館」は,図書館というタイプ・イメージへの意識や,外形から内部の場所のしつらえ方まで,スケールのコントロールも構成もすばらしく,文句なしに傑作だと思った。

磯崎新は,その後の建築家たちから誤解された意味で評価されている。と思う。そして,その誤解に基づいて,近年の数多くの建築が,当時の磯崎の建築がもっていたような「リアリティ」への意識を失い,極めて個人的な世界に埋没していることを痛感した。(N)
[PR]
by nodesignblog | 2007-09-30 04:09

ある独特な世界

かもめ食堂(2005年)を見ました。遅いですが。

印象的な場所がいくつかあって。かもめ食堂、主人公サチエの自宅、屋内プール、町の市場、海辺のカフェ、港、など。このプールにやられました。1928年から使われている「ウルヨンカトゥ」という公共施設だそうです。サチエとミドリが会うのは「カフェ・アアルト」です。全部、ここに書いてありました(笑)。北欧はまだ行ったことがないし、見てると沸々と旅行欲が沸いてきますねえ。
サチエの自宅や食堂は、当然ながらフィンランドの雑貨やインテリアが満載で居心地よさそうです。
監督は同い年で同じ大学の同じ工学部出身。すれ違っているかもしれない・・・。

映画はたんたんとしていていますが、ずっと彼女らの生活や町を見ていたいという感じ。ちょっと不思議なテイストもあり、ムーミン谷の物語を見ているような雰囲気でした。友人曰くの「いたって普通の常識的な女性が自然体で、ちょこっとした幸せを得る、ありそうでない話」というのがあっているかも。(O)
[PR]
by nodesignblog | 2007-09-26 11:34 | 映画

SiCKO

http://sicko.gyao.jp/
マイケル・ムーア監督 2007
無保険の人だけでなく保険料を払っている人にもおきている衝撃の事実が満載です。
(多少ネタバレあり)

例えば、9.11の救助活動で呼吸器疾患になったため、14,000円もする小さな吸引薬が週に2回は必要な女性。費用がないために検査が受けられず、根本的な治療が受けられずに苦しみ続ける人。医師が検査をすすめても、保険会社が必要と認めなければ検査費用が保険から出ないのです。アメリカでは、医師は医療を施さないほど報酬が上がるようです。無保険の人にいたっては、電動のこぎりで2本の指を切断し、費用の問題から治療前に医師に薬指か中指かどちらをつなげるか選択を迫られたり。しかも1本140万円と70万円。

翻って世界を見ると、カナダもイギリスもフランスも国民皆保険で医療費はゼロ。それも問題ありそうな気もしますが、フランスでは低所得者には交通費が出る始末。イギリスでは症状をよくすればするほど医師の報酬が上がる制度が出来たとある医師が語っていました。勤務医で、愛車はアウディ、1億4千万の自邸(だったかな)。

最後に、患者数名を連れて仮想敵国キューバへ。貧しい国という勝手なイメージに反して、ワンブロックごとに病院と薬局があり、無料で手厚い診察と温かい看護が受けられます。14,000円の薬はたったの6円。国民の健康は国が守るという精神です。ムーアマジックと知りつつもほっとして涙が出ました。国民皆保険の制度ができるきっかけは国にもよりますが、誰かが熱心に唱えた結果で、わりと歴史は浅いようです。

これを読んで(笑)、健康はかなり努力して維持するものと認識しましたが、それにしても不可抗力はありえます。この状況が日本でなくてよかったとも思えますが、おきている現実としては程度の差のような気がしました。
(O)
[PR]
by nodesignblog | 2007-09-10 13:21 | 映画

N的建築ガイド(敬称略)(1) 福岡vol.1 「ぐりんぐりん」伊東豊雄と「北九州三部作」磯崎新 in福岡

e0105010_23213550.jpg

学会で福岡へ行ったので,いろいろ建物を見てきた。いいのもだめなのもあった。とりあえず,近年の話題作である伊東豊雄の「ぐりんぐりん」へ行った。建物や環境の説明はいろんなところで紹介されているから省略。
車を降りてちょっと歩くと,ちいさな丘が,池の向こうに見える。それがぐりんぐりん。丘が池の水面に映る感じは悪くない。天気と日の方向と水の状態によってはかなりきれいであろう。
しかし接近するにつれ,なんだか違和感が募ってくる。コンクリート造で全面緑化しているから,仕上げが分厚くなるのはしかたがないが,エッジの見せ方が正直かなり雑に感じる。それから期待していた「ぐりんぐりん」な感じは,正直ほとんど,まったくない。ぐりんぐりん,というよりは,縁がクニッとひねられているだけなのには,ちょっと泣けた。要するにコンクリートの覆いが3つ並んでいるだけなのであるが,内部も,面白い植物やきれいな蝶々がひらひら飛んでいるのは楽しいものの,天井が低い気もして木々があまりのびのび見えず,開放感があまりない。まあ,屋上庭園が売りだから低く抑えたかったのかなと思い,屋上に上ると,屋上庭園の歩道は,課金のせいで,回遊して気ままに公園へ降りていくということができず(まあこれは建築家の問題ではないかもしれないが),一本道を登ったり下ったりささせられて,正直疲れたし,ふと自分が何をしているのか理解に苦しみかけた。
結局一番,というか唯一良かった見所は,池の対岸から見た風景である。池の対岸から,3つの丘とその上を行ったりきたりしている元気な人たちを眺めているのがいちばん良い楽しみ方であると思った。あと,池のまわりの傾斜はかなり絶妙な感じでよかった。そもそもこの池が公園の中心と考えれば,ぐりんぐりんもその背景の築山として,十分に盛り上げているともいえる。池を中心にすえた公園はすばらしいアイデアだと思った。
要するにこれは,あまり近づかないほうが,純粋に楽しめる建築である。しかし問題は,そんなことのために,あそこまで費用と施工上の苦労をかけてまで,ぐりんぐりんなる「建築物」をこしらえる必要があるのかしらん,ということだった。自由に登れる築山と,天井の高いちゃんとした温室と,ちょっとしたキオスクをつくれば事足りるどころか,そのほうが公園全体としては断然楽しめそうな気がしたのである。なぜ,そういうふうにならなかったのだろうか。
たしか,メディアテークのときに,ものすごい数の溶接工が溶接しまくっていたことについて(だったかな?),設計者は,建築のもつイメージの力が,それを実現する多くの人々の力を結集する,というようなことを言っていたような気がするが,それはピラミッドを造らせる権力者の発想に近いような気もしなくもない。いささか都合がよくはないか。
近年の伊東豊雄は,自分自身が思い描く文脈だけに頼りすぎてきている気がする。その射程には依然として近代を超えるという熱い思いがあるようだが,そういう伊東のあり方こそが,極めて古典的な近代的作家主義のヒロイズムに陥っているのではないかと感じる。もちろん建築にヒロイズムが要請される場面はあり得るし,そういうものであるのだが,それが作家の個人的な文脈へと回収されてしまっては,建築に緊張感がなくなっていくような気がする。思えば公共建築と戦っていた伊東豊雄の八代の作品群には,かなり苦悩が露呈していたとはいえ,緊張感があった(本人はしんどかったのだろうけど)。そういう緊張感がないと,「楽しさ」を唱えられても,なんだか無邪気には楽しめない(のは僕の性格のせいか?)。

そして,北九州で建築のヒロイズムを真正面から引き受けた,磯崎新の三部作であるが,こちらは,もっともっと面白かった。が,長くなったのでまた今度。(N)
[PR]
by NODESIGNblog | 2007-09-05 03:30

会場の様子

e0105010_22141669.jpg
e0105010_2256123.jpg(撮影:Miyuki YONEI)

追)葉っぱが揺れている動画が1分ほどあります。

(O)
[PR]
by nodesignblog | 2007-09-03 21:37