カテゴリ:お知らせ( 1 )

鳥の劇場09 年度プログラム<いっしょにやるプログラム>

e0105010_20253040.jpg

鳥取で、ワークショップをやります。

鳥取を拠点に活動する劇団「鳥の劇場」のプログラムの一貫で、T*O(タカマスヨシコ+おくやめぐみ)の
おふたりと、私が参加します。

「空間についてのワークショップ」と、なんとも広大な解釈のできるお題をいただきました。
いろいろ調べてみると、美術館や学校などいろいろなところでワークショップが行われているんですね。
建築、演劇、工芸など。建築関連だと、まちづくりや、建物のつくりを理解するもの、広場をつくるなどさまざま。

悩みましたが、いつもやっていることをやろうと(いつもと違うことをやるのは難しい)。
今までの物件を例に、「みてみる」「かいてみる」「つくってみる」の3ステップで、事例を紹介したり、
実際にスケッチや模型でどうやって設計するのかちょっと体験するようなことを考えています。

設計の楽しみ(悩み)、共感してもらえるかなあ(笑)。

*************
鳥の劇場09 年度プログラム<いっしょにやるプログラム>
舞台芸術の講座9 建築家に空間のことを教えてもらう
場所:鳥の劇場(鳥取県鳥取市鹿野町)

7 月25 日( 土)13:00~15:30 実物大・立体着せ替えハウスワークショップ
講師:T*O(タカマスヨシコ+おくやめぐみ) 、対象:小学3 年生~大人

7 月26 日( 日)13:00~16:00 いっしょにやるケンチク問題集 キョリ・スケール体験ワークショップ
講師:小倉亮子(NODESIGN)、対象:中学生~大人

(パンフレットより)
演劇以外の分野のアーチストによるワークショップを初めて開催します。今回のテーマは「建築」です。
二人の建築家に、建築の仕事のおもしろさを紹介してもらったり、どんなことを考えながら仕事を進めるのかを教えてもらいます。
子供から大人まで楽しめる内容です。夏休みの週末、建築を通じて創造の喜びやたいへんさを体験してみてください。

*************

「立体着せ替えハウス」にはそのネーミングと楽しげな雰囲気で、前々から気になっていて・・・。
こんなにダイレクトに触れる機会があるとは嬉しいです(見学する気満々)。

私は26日(日)です。
お近くの方はぜひお越しください。

(O)
[PR]
by nodesignblog | 2009-06-10 20:16 | お知らせ