ハルビン

e0105010_12404462.jpg神奈川大学が参加している、毎年夏恒例の日中韓台共同の「東アジア建築都市学術交流ワークショップ」、今年は中国の哈爾浜工業大学(HIT)がホスト校となって行われた。ということで初めて哈爾浜へ行ってきた。

新潟空港から直行便で約1時間半、中国最北の黒竜江省に位置する哈爾浜は、19世紀末に、ロシアがチタから清国を横断して東端のウラジオストクまで、いわゆる「東清鉄道」をひくために建設した比較的新しい街で、都市としての歴史は100年ちょっとしかない。ちなみにこの東清鉄道の全長は約2,000㎞で、青森―博多間とほぼ同じ長さなのだが、ロシアはこれに加えて哈爾浜―大連間の支線約800kmも含めて、わずか5年程で完成させたというから驚きである。鉄道をひくには土木技術者が必要だし、駅舎や車両施設などには建築技術者が、また機関車をつくるには機械技術者や電気技術者が必要である、ということで、それらの養成のためにつくられたのがHITだという(だから当初の大学教育はすべてロシア語)。HITは、とにかく巨大な大学である。創立時からの歴史をもつ建築学部は4学科を擁し約800人(だったかな?)が働く設計院も持つ大きな組織だ。

哈爾浜の街はきわめて興味深い。まず歴史的な建物や街がしっかり生きている。1920年代までロシア管轄下にあった、松花江沿いの道里区や南の丘陵地である南崗区(HITはここにある)には、西洋風の様式建築や、世紀末アールヌーボー風の建物が立ち並び、あまり中国という感じがしない。また道里区の東、清代の役所跡も残る道外区には、チャイニーズ・バロックと呼ばれる、いわば擬洋風のようなユニークな中庭建築群(右上写真)が立ち並んでいる。とにかく驚くのは、およそ100年前の古い建物を、たいへんうまく使い、それだけでなく街並みの保存を意識的に行っていることである。日本の都市も見習うべき点が多くあるように感じた。

e0105010_12411567.jpg次に、人々がしっかり街中に住んでいることが伝わってくる。古い建物だけでなく、それ以外のごくありふれた街中の建物の多くも、いわゆる下駄ばきアパートであり、低層部には店舗だけでなく職人の工房なども入っていて活気がある。また、目抜通りである中央大街に行ったところ、平日の夕刻にも関わらず、大勢の人々が松花江に向かって続々と押し寄せてくる。川沿いにはちょうど横浜の山下公園のような長い緑地があるのだが、驚いたことにそこから川へ、階段で直接入れるのである。多くの人たちが足を水につけたり、中には思い切り泳いでいる人もいた(右写真)。こうした水辺環境の使い方なども見習うべき点は多い。

一方郊外には、もう文字通り「雨後の筍」のように、高層マンションがボンボン建てられ続けている。HITの先生らはこれらを「コミュニティ」と呼んでいるのが印象的であったが、日本的にいえば「団地」ということだろう。30階を超えるような高さがありながら異様に奥行きが薄い、日本ではありえないプロポーションのタワー群が、凄まじい量と速度で建てられている。松花江の遊覧船からは、見渡す限りの遠くの方までそうした「コミュニティ」が果てしなく続いていた(下写真)。HITの先生に聞くと、人はどんどん都市部に集まっているから需要は十分あるし、5年も持っていれば価格は倍になるから投資目的もある、などと平然と説明してくれた。HIT准教授である余さんの案内で、松花江の対岸地区に林立(乱立?)する「コミュニティ」を見学。そのなかの「Mediterranean Sunshine」と名付けられた地中海風?のいわゆるゲイテッド・コミュニティ(ちなみに哈爾浜に海はないけど)に入り込み、コテコテのアンティーク調内装のモデルルームを見た(中国ではスケルトン渡しで、内装は別途が普通である)。値段を聞くと、内装代も含めて約100㎡で約4,000万円程度のようだ。哈爾浜中心部まで車で15分程度か。たぶん中国の物価からしたかなり高価だろうが、ちょうど家族連れが見学に来ていたから、それなりに人気があるらしい。そのとなりにはオランダ風のコミュニティがあり風車まで建っている。e0105010_12385079.jpgこれらに比べれば日本の郊外のキッチュな集住団地なんて慎ましいものに見えてくる。これらの夥しい数の「コミュニティ」建築の質は、はっきり言ってどうしようもないものばかりであるが、余さんによれば、最近は買い手の関心も変化してきて、こういう見た目のスタイルよりも建物のクオリティを重視する傾向にあるそうだ。また、こうしたコミュニティ群の間には、緑地帯や公園が挿入されているのだが、俞孔堅(Yu Kongjian)設計の「群力国家城市湿地」(右写真)や余さんによる「群力公園・金河公園」はなかなか素晴らしいランドスケープだった。

今回は、旧市街に蓄積された歴史遺産や自然を活かしつつ、同時にとてつもない速度で郊外へと膨張していく、哈爾浜のグローカルな両側面を体感できた。そうしたなかで、もうひとつ印象的だったのは、良し悪しはともかくとして、いずれの局面においても、建築や都市計画などが、人々の生きる環境をつくりだしている、つくりだせるという社会の雰囲気を感じたことだった。それは街中に林立するクレーンや、HITの巨大な設計院を見たからかもしれないが、でもそれだけでもない気もする。旧市街地での歴史的建造物活用や、ランドスケープにおける環境資源への意識などは、すべてではないにせよ、日本の都市よりも高いものがあるようにすら感じた。重要なのは、そうした空間資源を活かす視点とその実践だと思うし、参考にすべき点は多いと感じた。ともあれ、ホスト校であったHITの先生方、スタッフ諸氏に深く感謝したい。ワークショップの内容についてはまた別の機会に。(N)
e0105010_12415254.jpg

[PR]
by NODESIGNblog | 2013-08-23 11:50 | 見聞
<< 新年あけましておめでとうございます 【鳥取】結婚式@仁風閣(重要文化財) >>